検査道具10点セット

今後、建物検査を業務に活かしたい方は必要となる検査道具です。
「建物アドバイザー」検査測定基準に適合した認定検査道具なら安心してお使いいただけます。

オートレーザー

【オートレーザー】

床の傾き、壁の傾きを計測する際に使用いたします。

脚立

【脚立】

壁の傾きを計測する際に使用いたします。

【スケール】

床の傾き、壁の傾きを計測する際に使用いたします。

【懐中電灯】
床下や天井裏・小屋裏を検査する際に使用いたします。

 

 

【打診棒】

基礎や壁等の塗装の浮き、タイルの浮き等を診断する際に使用します。

クラックスケール

【クラックスケール】
基礎や壁などのひび割れの幅を計測する際に使用いたします。

【脚立カバー】
脚立を使用する際に床などを傷つけないようにカバーをします。

 

【オペラグラス】

外壁や屋根を検査する際に使用いたします。

 

【水平器】
床の傾き、壁の傾きを計測する際に補助的に使用いたします。

 

 

【オリジナルバッグ】
「建物アドバイザー」のロゴマークが印刷された、検査道具10点セットを持ち運ぶことができるバッグです


お問い合わせ

資格認定機関

特定非営利活動法人

住宅情報ネットワーク 

 

お問合せ 

TEL:06-6304-8833

平日:(10:00~18:00)

土日:(10:00~17:00) 

 

お問合せはこちら

 

研修・試験はこちら

 

 

建物アドバイザー認定証